小峰 裕子

(株)大洋不動産

相続マインズ福岡

小峰 裕子

平成元年より不動産業に従事。不動産におけるすべての判断はオーナーご家族の幸せや将来設計に多大な影響を及ぼすことを実感する。1999年にCFP®資格取得、2000年にNPO法人相続アドバイザー協議会養成講座1期生として研修を受け、相続に強い不動産の専門家として不動産管理運営の相談業務を中心に、セミナー講師や不動産相続のサポート業務を行っている。大洋不動産常務取締役・相続マインズ福岡代表

この執筆者の過去のコラム一覧

2019/02/10

相続四奉行

相続の仕事は、多くの場合ひとりではできません。不動産という資産を「価値あるもの」としてお子さまに承継させたいと願う時、まず陣を敷くべきは「相続四奉行」です。

奉行その1 土地家屋調査士

土地家屋調査士の主な仕事は土地の「測量」です。
なかでも「境界確定測量」は、土地の資産価値を確定させる手段として、とても重要です。そもそも隣の土地と自分の土地の所有権の境が明確でない土地は、市場から価値ある資産として認めてられていないのと同じです。
土地の売却代金をお子さまで分ける「換価分割」や、ひとつの土地を分割して分けるときも境界確定測量が必要です。
また実際に測量してみると登記簿の面積より狭かったり、広かったりすることがわかります。これは売買金額や固定資産税、相続税の税額にも影響が及ぶところであり、土地本来の価値を確定させるためにもはっきりさせておきたいところです。

「いざ測量」という段になって隣地所有者が認知症、行方不明、また「ブロック塀の真ん中に境界がある」という「共有ブロック塀問題」発覚で行き詰まるなんてこと、よくあります。
たかが測量、されど測量。土地に潜む怖い話に見舞われないためにも、境界確定測量だけは早めに済ませておかれて下さい。
ちなみに測量技術の進歩は近年著しく、特に平成17年以降の境界確定測量図はたとえ境界杭が流されてしまったとしても復元性が高いとされています。
その昔に行った測量は、やり直す必要がありますのでご注意下さい。

奉行その2 税理士

「税理士だから当然相続には詳しいだろう」という考えは、先生方を敵に回しそうですが間違っています。
相続税という税金を払う人の割合は約6%程度と言われていますので、お亡くなりになる方が100名いたとして6~7人です。また税理士試験は必須科目と選択科目があるのですが、「相続税法」は選択科目のひとつですから、慣れていない税理士先生もいらっしゃいます。
つまり税理士先生はお医者さんと同じで、専門が分かれていると考えた方が良いでしょう。
ただ、以前に比べると相続を熱心に勉強されている先生方も増え、最近では「相続専門」「不動産専門」など資産部門でのご活躍が目覚ましい先生もいらっしゃいます。
なるほど納得。専門外だと、責任ある立場上無難なアドバイスになりがちです。
心得のある税理士を選ぶことが大切だと感じます。

奉行その3 司法書士

不動産業者にとってはお馴染みの専門家、司法書士。
不動産の所有権移転など登記手続きでお世話になることはご承知の通りですが、職務内容はそれだけに止まりません。
相続ではお子さま達が遺産分けの話し合い(遺産分割協議)をしますが、相続人全員で行わなければ無効です。そのためには亡くなられた方の戸籍を遡って、相続人の確定をする必要があります。
ただ、漏れがあると大変なので司法書士に戸籍収集を依頼することが多いです。
ある時のこと、癖のある毛筆で書かれた恐ろしく難解な戸籍が出てきました。それを机越しに、先生からすれば逆さまな戸籍をすらすらと読まれるので、飛び上がるくらいびっくりしたことがあります。
「慣れているから」と一笑されましたが、合格率3%の難関試験突破の有能さを垣間見ました。

遺言作成を依頼された場合の助言から起案、依頼者の意思能力が問題になる場合の的確な判断、その後の成年後見人の申立から後見人就任まで、本当に心強い存在です。
離婚の際の財産分与の相談と解決に邁進して頂いたこともありますが、特に不動産が絡んだ紛争の防止という観点から言えば、身近でとても頼りになるのが司法書士です。
勘が良くて仕事が早い、報告がこまめ、相続に強いとあれば強力な味方、必ず良い結果が生まれます。

奉行その4 倫理ある不動産コンサルタント

倫理ある不動産コンサルタントは、まず最初から答えありきの対応はしません。「売る」とか「建てる」ことを仕事の目的とはしていないということです。
答えは十人十色、なぜなら、信頼に応えるために出す答えは、依頼者の人生観や価値観を反映させたものでなければならないと考えるからです。
また依頼者だけでなく、お子さんやご親戚、隣地など依頼者のまわりのことまで考えることも大切にしています。倫理ある不動産コンサルタントは、それがやがて依頼者にはね返ってくることを知っています。
手前味噌な話になったかもしれませんが、依頼者だけでなくお子さんやお孫さんの幸せまで考えに考え抜いて、助言させて頂く不動産コンサルタントが存在することをぜひ知って頂きたいと願います。

相続四奉行は必ずあなたに「幸せな未来」と「安心」をもたらしてくれます。
万事早めに、そして依頼する人を選ぶことが要です。

すべての著作権は(株)大洋不動産に帰属しています。無断転載は固くお断りいたします。