小峰 裕子

(株)大洋不動産

相続マインズ福岡

小峰 裕子

平成元年より不動産業に従事。不動産におけるすべての判断はオーナーご家族の幸せや将来設計に多大な影響を及ぼすことを実感する。1999年にCFP®資格取得、2000年にNPO法人相続アドバイザー協議会養成講座1期生として研修を受け、相続に強い不動産の専門家として不動産管理運営の相談業務を中心に、セミナー講師や不動産相続のサポート業務を行っている。大洋不動産常務取締役・相続マインズ福岡代表

この執筆者の過去のコラム一覧

2019/03/10

アップデートいたしましょう!~前編「設備」~

「アップデートしてください」「アップデートできるようになりました」。
パソコンやスマホを使っていると目にする「アップデート」、かみ砕いて言えば「中身を更新して最新の状態にする」とでも言えば良いのでしょうか。

アップデートの放置が招くこと

買ったときは最先端だった自分のスマホやパソコンも、アップデートしないまま放置していると「セキュリティの問題」や「不具合の修正」がされず、使えなくなったりウイルスに感染するリスクが高まります。
言い換えれば問題が起こる可能性を低くすることが「アップデート」なのですが、この面倒で後回しにしがちなアップデート、果たしてスマホやパソコンの問題だけですか?
もう間もなく、平成も「アップデート」されようとしていますよ。
あなたの賃貸不動産、アップデートしてますか?

所有する賃貸アパートや賃貸マンション、これ、スマホやパソコンと同じように常にアップデートしておくことで、入居者のニーズや世の中が求めるデザインを取り入れて「中身が更新されて最新の状態」であり続けることができますよね。
反面、何も手を加えずにいると、得体の知れないウィルスの存在があなたの賃貸不動産を徐々にむしばんで、市場からも、そして入居者からも次第に見放されていくことでしょう。
もっとも分かりやすいアップデートたるもの、それは「設備」です。

賃貸で人気の設備、あった方が良い設備

ご参考までに「なければ入居が決まりにくい設備ランキング」が発表されていますので、結果を表にしてみました。

これは全国の不動産会社から集められた集計によるもので、毎年発表されていますので大まかな傾向がつかめます。
順位はそれほど入れ替わるものではありませんが、ウォシュレットやモニター付きインターホンは今の新築物件には当たり前に付いていますが、以前はそうではありませんでした。
また、「インターネット無料」は「ないと決まりにくい設備」としてファミリー物件にランクインしていますが、「人気の設備ランキング」(下図)ではシングル、ファミリーともにランクインしていることに注目です。

最近ではテレビより動画サイトの方が人気だそうで、通信コストを考えれば家賃が少し上がっても良いと考える傾向は男女問わず根強いものがあります。
また宅配ボックスもインターネット通販の普及と再配達の手間を省くために欠かせない設備となっており、今の入居者ニーズを考えれば納得の結果だといえるでしょう。
さて振り返ってもう一度、あなたの賃貸不動産、アップデートしてますか?

選ばれるどころか候補にもあがらない

お部屋探しもスマホの時代、間取りや家賃、設備など検索条件を叩けばいくらでも情報を取り出すことが出来ます。
営業マンの会話力は大事ですが、悲しいかな、情報力にお客さまとの差はそれほどないというのが常識です。
当然のことながら設備をチェックして検索されなければ、物件は残念ながら情報の海の底。あっさり捨てられてしまいます。
まずはこれ、賃貸用の不動産も人気の設備を備えておくようアップデートしておかないと、選ばれるどころか候補にも上がらないという状況に陥ってしまっているんです。

消費税増税前の今こそアップデートせよ!

入居者はより便利で安全、もっと快適な住居を求めています。
アップデートの要請は、市場と、そして今まさに入居中のお客さまの要請に他ありません。
さあ、よみがえらせるなら消費税増税前の今!です。
あなたの資産もアップデートいたしませんか。

すべての著作権は(株)大洋不動産に帰属しています。無断転載は固くお断りいたします。