江口 正夫

弁護士

江口 正夫

1952 年生まれ、広島県出身。東京大学法学部卒業。弁護士(東京弁護士会所属)。最高裁判所司法研修所弁護教官室所付、日本弁護士連合会代議員、東京弁護士会常議員、民事訴訟法改正問題特別委員会副委員長、NHK文化センター専任講師、不動産流通促進協議会講師、東京商工会議所講師等を歴任。公益財団法人日本賃貸住宅管理協会理事。 〒100-0006 東京都千代田区有楽町1丁目10番1号 有楽町ビル4階424区 海谷・江口・池田法律事務所 TEL03-3211-8086  メール

2020/10/10

遺産の一部分割の可否

Q 父親が死亡し、相続の話し合いが始まりました。 相続人母と、長男、次男、長女である私の4人です。父名義の財産は、自宅の土地建物(評価額1億2000万円)と、銀行預金2

2020/07/10

相続させる旨の遺言と登記等の要否

Q 先日、父が亡くなりました。 父は、自宅の土地建物は長男である私に相続させる旨の遺言を作成し、私がその遺言の保管を依頼されておりました。相続人は私の外に長女と次男がお

2020/04/10

遺言書保管法の施行と相続対策

Q  私は76歳になります。 私の妻は3年前に亡くなっており、相続するのは私の3人の子ですが、長男も次男も結婚した後は家を出て、仕事も忙しそうです。 私としては、長年に

2020/01/10

相続のための遺言書の作り方

Q 私には、長年連れ添ってくれた妻と2人の子がいます。 2人の子はいずれも40代となり、社会の中堅として働いておりますし、生活もそれなりに安定していると思っています。そ

2019/10/10

特別寄与者による特別寄与料の請求

Q 私は、夫と結婚した後すぐに夫の両親と同居しました。 夫は長男であり、次男、三男との3人兄弟ですが、長男である夫が両親の面倒を見るということで、結婚後は私も両親と同居

2019/07/10

婚姻期間20年以上の夫婦間での自宅の土地建物の贈与

Q  私は、妻と結婚してから今年で25年の銀婚式を迎えます。 長年連れ添ってくれた妻への感謝の徴しるしとして、自宅の土地建物の2分の1を妻に贈与したいと思っています。

2019/04/10

相続法の改正による遺留分の新しいルール

Q 先日、父が亡くなりました。 母は5年前に亡くなっておりますので、相続人は長男、長女である私と弟である次男の3人の兄弟姉妹です。 父は、元々父名義であった自宅の土地建

2019/01/10

改正相続法による自筆証書遺言の様式の緩和

Q 妻と子供達へ遺言を残そうと思っています。 調べてみたところ、費用もかからないし簡便な方法として遺言書の全文を全て手書きで作成する自筆証書遺言というものがあることを知

2018/10/10

相続財産である自宅の土地建物への配偶者の居住

Q 先日、夫が亡くなりました。 亡主人の遺産は、妻である私と既に結婚してそれぞれ家を構えている長男、次男、長女の3人の子たちで相続することになります。遺産は、自宅の土地

2018/07/10

遺産遺留分減殺請求と12年前の贈与

Q 先日、父が亡くなりました。 母は5年前に亡くなっておりますので、父の遺産は長男、次男と、長女である私の3人の兄弟姉妹で相続することになります。 父の遺産は、銀行の定